ワンころコロ

アクセスカウンタ

zoom RSS 躾と訓練 その2

<<   作成日時 : 2005/09/11 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
最近 今度の休みの お泊りの予約をした。
我が家では 旅行はイヌ同伴が必須で 必ずお泊りは 犬OKの お宿と決まっている。

しかも 食事中も 同伴が希望なので 選べる範囲は ごく限られる。(さらに大型犬25キロ・・・)
お泊りの注意書きには 必ず お約束の一言。
    ”最低限の躾がなされていること”   
最低限の躾? 
 この場合の最低限とは お宿とか お店にとっての ”最低限”の ことになるでしょう。
いくら ”お家ではお利口さん”でも 通用しないという事になります。
”お家では 良い仔チャンなのに おかちいですね〜”って 言い訳しても ダメでしょうね。

そういった所には 連れて行かないのであれば ”お家では お利口さん”で十分と 言うことになります。
大治郎の場合 ”お家で お馬鹿さん”だったので 訓練と躾が 必要だったのです。
しかも 長くかかりました。頑固者なので・・・・
けれど おかげさまで 何と どこへでも連れて行けるワンコになれました。
   不幸中の幸い?
まあ 人生・・・・・・・・

公共の場に 連れ出すのであれば 出来るだけ 他人に不快な思いをさせない配慮と言うものが必要でしょう。
不測の事態に備えて 自分の犬を コントロールできる事も 必要です。
他人の安全のためにも 可愛い我が犬の幸せためにも ”お座り”と”フセ”は 良い方法なのです。
できれば ”待て”と”来い”も 出来たほうが いいでしょう。
いずれも とっさの時に 出来なくては 意味が有ません。
いちいち 家までおやつを取りに走らなくては いけないのでは なんの役にも立たないと言うことになります。
何故、具体的かというと 実際に見てしまったから・・・・・・

私は訓練の信望者ではありません。
ユル〜く ラク〜に 過ごそうと言うことでは 大治郎の上をいっています。
あまり 何時間でも”マテ”が出来て じっと”お座り”が出来ると言うことに 意義を感じないのです。
それより ”マダ〜?”って こちらを伺う大治郎の自主性が 好きです。
私は 躾もある程度できて 自主性も失っていない 大治郎のことを 誇りに思っています。
時々 言うことをききたくないって 抵抗する姿に ”この 頑固者!!”って 思いますけど・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
躾と訓練 その2 ワンころコロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる