ワンころコロ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大治郎の治療法が変わりました。

<<   作成日時 : 2006/01/26 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

大治郎のアレルギーの治療法が変わりました。
画像

抗生剤と抗ヒスタミン剤と薬用シャンプー、食事制限等のアレルギー源の軽減等が主たる治療法でしたが、症状が改善されずに かえって悪化してきたようなので 治療法の見直しになったのです。
最初は 新しい抗ヒスタミン剤と抗生剤、もっと強い薬用シャンプー、そしてステロイドの出番になりそうだったのですが。長時間の再検討と話し合いによって 前々から気になっていた 大治郎の体臭の変化と症状の変化の周期が一致しているのではないかという 意見の一致をえたところから、治療法の変更を試してみる事になりました。
大治郎の体臭は体の内部の変化に伴っているのではないかという見地から 腸内の菌類のバランスの狂いが 栄養の摂取や ビタミンの合成に支障をきたして その結果 脱毛や皮膚の炎症を引き起こしてしまっているのではないかという仮説を得て 腸内環境のバランスを取り戻したら 症状が改善されるのではないかという方向で 治療をやってみるという合意になりました。
今までの薬は ビオフェルミンを残して 全てやめ シャンプーで体表の菌をやっつけて 食事制限はそのままに 様子を見ることにしました。
画像

大治郎自身の自己回復力に 全てを託す事になりました。
腸内環境が改善され 症状が改善すれば この治療法の方向で進んでいく事になります。
薬は両刃の剣です。効き目が素晴らしいだけ、身体に対する危険度も増します。
長く 薬を飲ませ続けるのには抵抗感が有った私達には 良い方向です。
大治郎の自己回復力が 充分に発揮できるよう祈るような気持ちでした。

治療法が変わって 2,3日が経過して 心配していた 抗ヒスタミン剤からの 脱却も思ったよりは軽く済みそうで 体臭も元に戻りつつあるようです。
今日の写真です。
画像

1月8日の写真です。
画像

なんだか 上の方の毛が濃くなってきたような気がしています。
がんばれ 大治郎。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですか。治療法が変わったのですか。でも、お父さんやお母さんが先生と話し合って納得できる方法を選択できたことはとてもいいことだと思います。一時的な薬の使用はまだしも、長期になるといやですもんね。御門も意外とひ弱なところがあるので、ぜひとも自己回復力を強めたいのですがね。なかなか、強くならないみたい。何気に御門の腸が強いのはヨーグルトのお陰かなぁ?
御門
2006/01/27 21:32
治療法が変わってよい方向に向かっているようですね。
大治郎君の前足にしっかり毛が生えてきているのが良くわかります。
本当によかった! ついつい治療はお医者さんの言いなりになりがちですが大治郎君の母様父様はちゃんと話し合われた様子、見習わなくてはと思いました。 完治までもうすぐね!
花とわんこ
2006/01/28 15:51
御門ママさん>大治郎って、雑種で野良犬の家系で元自然児(犬)の割には ひ弱ですよね〜。全く、育てた飼い主の顔が見たいって・・・あっ、私達のことか!?自己回復力とか自己免疫力とか、強くさせるのには長く頑張らないといけないみたいですね。実は大治郎もヨーグルトは食べさせていたんですけど、お腹もひ弱ですね〜パルボの所為かな〜?
花とわんこさん>お世話になってる獣医さんは とっても勉強なさっている人で、いろいろと真剣に考えてくださいます。それに 私達の話にも耳を傾けてくださって 決して頭ごなしに治療法を押し付けてきたりはなさらない人です。お陰で 安心して治療を受けられます。変な隠し事をしなくてもいいですしね。本当に助かっています。

2006/01/29 10:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
大治郎の治療法が変わりました。 ワンころコロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる