ワンころコロ

アクセスカウンタ

zoom RSS 真夜中のハンティング

<<   作成日時 : 2006/03/06 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

大治郎との夜のお散歩の時の話。

>本来はお散歩じゃなくて 寝る前にオシッコに連れ出すだけなんだけど、最近、お散歩になりつつあるのが現状。<

大治郎に元気が無いという話だったので、誰も居ない夜のグランド(元中学校)でノーリードで遊ばせてやろうとしたら、なにか見つけたらしく すっ飛んでいってしまった。

茂みのほうに 向かって 何か警戒するように 立っていたと思ったら。
何かを 追いかけていった。

猫?(大治郎は猫を追いかけるのが大好き)

もう少し大きいものらしい・・・犬?

大治郎は勝手に遠くへ行ってしまって 帰ってこない。
しょうがないので 知らん振りで 私は別の方へ 歩いていく事にした。

普通だったら 心配した大治郎が追い駆けてくるはずなのに、今回は来ない。
心配して口笛で呼んでみた。
こっちを見た大治郎が走ってくる。

・・・・が、途中で止まってしまった。
後ろを振り返り、こっちをみて止まっている。
どうやら 私に一緒に来て欲しいということらしい。

何事かと遠くをうかがうと、なにやら黒い影が横切って走っていった。
そして ”ブヒブヒ”って声がきこえる。
ブヒブヒ?・・・・ウリ坊?

私が2・3歩近づきかけると 大治郎はまってましたとすっ飛んで行ってしまった。
そして 吠え立てる大治郎の声。
どうやら 私と狩りをしているつもりになっているみたいだ。

小さな山の上の方に追い立てる大治郎。
得意そうに 飛び回っている。
もしも 怪我をさせられたらいやなので、近くに行って呼び戻そうとするのだけれど、すっかり 舞い上がっている大治郎は やめようとはしない。

今度は 大治郎からは見えない方へ移動してみる。
やはり心配になったのか 大治郎は追いかけてきた。
でも 近くには来ない。
後ろが気になるみたいだ。

後ろの離れた所で茂みががさがさ音を立てた。
耳を立てた大治郎はまた行ってしまった。
今度は私は動かずに待つことにした。

やはり しばらくして 後ろを気にしつつ大治郎は帰って来た。
今度は近づいても 止まったまま向こうを気にしていただけだった。
リードをつながれた大治郎は もっとやりたかったなぁ〜って顔で私を見上げたが、すっかり満足した顔で私に付いて歩き始めた。
満足そうな大治郎の笑顔が印象的だった。

家に帰ると 元気になった大治郎の姿に 妻は喜んでくれた。
そして、私には夜遅くの時間に こんなに大治郎を汚しちゃってって、お小言があった。
確かに 大治郎は汚れてしまっていた。
画像

次の日の朝 グランドに行くと 草の生えていた地面が広い範囲で掘り起こされていた。
やはり ウリ坊が ミミズなどを食べに山から下りて来たらしい。
地面には 偶蹄目の足跡があった。

ウリ坊・・・・・イノシシの子供のこと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
まさに“真夜中のハンティング”ですね〜。どんなにウキウキしても、ちゃんとパパさんのことを忘れずにいるところが凄いです〜。御門は追いかけていったままかえってきませんよ、きっと(T_T)
夜中にご飯を探しにきていたウリ坊のほうはちょっとびっくりだったでしょうけどね〜。
御門
2006/03/07 21:05
御門ママさん、でも なかなか帰ってこない大治郎を待っている時は正直ドキドキものでした。ウリ坊とはいえ 牙は無くとも噛み付く力は凄いので後から考えればとっても危ないところでしたね。怪我が無くてなによりでした。
大治郎の父
2006/03/07 23:39
ウリ坊出現するんですか(@o@)
親イノシシでなくてよかったですね〜。
大治郎くん、元気になってよかったです(^^)
akemi
2006/03/08 01:25
さすが、和犬の血が騒いだんでしょうね〜。大治郎ちゃんはとっても楽しかったのに違いない!!!でもウリ坊は気をつけないと!!!近くに親が居たりなんかしたら目も当てられませんよ。
少し前に六甲でいのししにタックルされてセントバーナードが無くなったじゃないですか。。。気をつけないと。

それにしても、感心、感心・・・例にもれず、うちの2匹ともさよぉ〜ならぁ〜と言う具合に帰ってこないでしょう。
しかも大吉さんは黒いので、夜逃げられたら最後です。(笑)
SHIOSHIO
2006/03/08 12:51
ひゃぁ〜@@
私初めから読んでいて「ウリ坊」が判らず、最後パパさんが書いて下さっていたので理解出来ましたが…私は、生のねずみも見たことがありましぇん^^;生まれたときから団地なのでゴキブリは出たけどねずみは出なかった。
いのしし…想像も出来ないし出たらどぉしよう++;パパさんも大治郎君もウリ君が居ること知ってても怖がらずに散歩続けたんですよね…凄いです
私だったら「居る」とわかった瞬間、ちび○ながら?走って(実際走れないかも)逃げますナリ(><;)
今回の日記で改めてパパさん&大治郎君親子の逞しさを感じました。あのぉ…雪景色の写真もですが近くに山とかあるのですか?ここら辺では見られない広大?な風景や自然を、写真を見て感じることがあります^−^
ママリンkei
2006/03/08 16:37
akemiさん>去年も出ましたですよ。少なくとも気が付いたのは去年が初めてでした。阿武隈山系には猪が住んでいて、山がつながっている近所にも出没するのです。猟友会の人の話によれば、まだ若い猪なのでそれ程の危険性は無いみたいですが、やっぱり危ないから気を付けた方が良いそうです。元気になってやれやれですが怪我の無いようにしなくてはね。ショコラちゃんも早く良くなるように祈ってます。

2006/03/09 19:27
SHIOSHIOさん>実は、タックルはされなかったらしいですけど、お尻のところが触れたみたいですね少し匂いましたから・・・。
大治郎は夜だととっても目立ちます。遠くから見てても解るのは大治郎だけでした。ウリ坊は黒い影が見えたような気がしただけ。

ママリンkeiさん>花見山は阿武隈山系の西の端に有ります。その近くなので、田・舎・で・す。ウリ坊は後で確信したので最初は猫か犬かな?ってくらいでした。大治郎も本当にウリ坊が大きな猪の仲間だってコトは気が付いていないのかもしれませんね。

2006/03/09 20:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
真夜中のハンティング ワンころコロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる