ワンころコロ

アクセスカウンタ

zoom RSS 躾とか訓練とか そういったこと。

<<   作成日時 : 2006/06/24 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

私には自分が”完璧な飼い主”とは程遠い、”しょうもない飼い主”であると言う自覚があります。
それなのに 偉そうに 躾とか訓練だとかの 話をするのは 僭越だな〜とは思っています。
でも、たいした話ではないけど 私個人の私見を 聞いてくださいね。
お暇な時に、気の向いた人だけ 見てください。

大治郎の訓練中、訓練士さんとの会話で 心に強く残ったことがあります。
「普通のワンちゃんだったら 大丈夫なんだけど、ダイちゃんは 大丈夫じゃないんだよね〜」
大治郎が特別気難しいのかと質問したら、いろんなワンちゃんがいて それぞれ個性的なんだって教えてくれました。
それぞれの個性に合わせて 訓練するんですよって笑って教えてくれました。

訓練はどこまで どのレベルまでしたら充分なのでしょうかって質問をしたら、飼い主さんが 自分の犬にどこまで要求するのかによりますねって答えてくれました。
飼い主さんとそのワンコがどういう生活をおくりたいのかによって どう躾や訓練をしたら良いのか違うのだとも教えてくれました。

ワンちゃんは皆 個性的で 飼い主さんたちの意識もそれぞれ違う。
だから 訓練も躾も それぞれに あわせて行うべきなんだろうな。
でも、最低限の躾ってありますよね。
それって、どのレベルなんですかって訓練士さんに聞いたら、ニヤッと笑って解るでしょ?って感じでこっちを見てました。
ハイ!!一般社会的常識の範囲で 人に迷惑を掛けないってことですね。

大治郎が訓練を受けなくてはいけなくなったのは 大治郎が散歩が不可能なほど”バカ犬”になった所為だった。
その時、散歩が出来なくなったのは 妻だけだったので 妻が大治郎と散歩が出来るようになればいいと思っていたから、私は訓練に参加するつもりは無かった。
でも、訓練に協力するため見学しているだけのつもりが 参加するようになり 妻と共に悩み、大治郎にとって 何が必要なのか 何を共に学ぶべきなのか 考えるようになって 世界が広がっていくのを感じました。
そして、大治郎が”バカ犬”になるのか、ならないのかは飼い主しだいなのだという事も 解ってきました。
必要なのは ”大治郎と私達の訓練”だということも理解できるようになって初めて本当の訓練が始まったのだと思っています。
 
大治郎の”訓練”は コマンドを理解させ 芸をさせる事ではなく お互いに気持ちが通じ合えるよう 相互理解こそが重要なポイントでした。
信頼と理解、愛情と規律、恐怖感の克服、警戒心の緩和・・・・。
大治郎に知らぬ間に植え付けられていた 心の傷やいろんな物への恐怖心、勘違いして憶えている事、矯正して上げなくていけない事が たくさん有りました。
そのひとつひとつと向かい合う事によって お互いの中に積み上がっていく信頼感、愛情。
結局、私達にとって訓練とは ひとつの家族になっていくことだったと 思っています。

私はある時期から 大治郎の飼い主ではなく 父親になりたいと思うようになりました。
大治郎が飼い犬でなく 家族になってきたからだと思っています。
妻も同じ気持ちです。
だから、大治郎の父 母と名乗っています。
大治郎は犬です。人ではありません。
大治郎の犬としての幸せを 願うのが父母の務めだと 感じています。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
よそのコとくらべてどうだ、とか、そんなことじゃなくって、
わたしたちがワンにナニを求めているのか、
ワンとどうやって生きていくのか・・・
ちゃんと心に留めておかないと駄目ですね。

日々、お互いが試行錯誤な感じです。
akemi
2006/06/24 23:30
どの程度の躾を望むかを考える事が まずは始めの一歩で
それすらも 私にとっては暗中模索です。
最低限の人に対してのモラルも 恥ずかしながら
よく解らない始末
初歩の初歩 散歩のウンチの持ち帰りくらい...(--;)
あずきのようなちびっ子でも躾訓練をしてくれるんでしょうか?
そんな位持ち主の責任?
にわか飼い主もまだまだ もちろん勉強ですね!
だって やっぱり 大治郎くんのようにいい子(むずかしい〜)に
なってもらいたいから(*~>~*)
あずマミ
2006/06/25 00:23
akemiさん>駄目か、駄目じゃないかではなく 飼い主さんの気持ちはワンコに伝わるものなのでしょう。伝えようと思うことだけでなく 伝えまいと思うことまで ちゃんと伝わってしまう。言葉が通じない分だけ 言葉を超えたコミュニケーションが取れてしまう。動作や言葉が無くても ちゃんと伝わっているものです。
言葉と気持ちが同時に伝わる それが ワンコとのコミュニケートだと思って間違いないと思います。
飼い主の責任は 言葉と気持ちを一致させる事。
そうすれば ワンコは 混乱せずに済みます。
優しいワンコが 聞かなかったフリを 憶えなくて済みます。

2006/06/25 07:16
あずマミさん>どの程度の躾が必要かは 住んでいる環境や地域特性 行動範囲や何をしてワンコと楽しむのかとか いろんな事で 変わってしまいます。絶対的な基準はなく その時その時で変わるもの、その時に合わせて考えたほうが 合理的でワンコも混乱せずに済むと思います。
誰々さん家の前では絶対オシッコはしないとか あそこの道路は離れずに歩くとか 保育園や学校の近くは子供に注意とか ごく身近な範囲から 少しずつ自分達に合った暮らし易いためのルールが躾だと思っています。
このお部屋は あずちゃんは立ち入り禁止よとか 私達のお食事中は大人しくしててねとか 自分達が暮らす上で必要と思うルールとか あずちゃんの健康や安全のためのルールとか そういったことが 必要な躾だと思います。躾や訓練は何時からでも始められますし 訓練士さんは 大きさに関係なく ちゃんと引き受けてくれる筈です。しっかり訓練士さんとお話して納得の行く相手を選んでから お願いするのが良いと思います。絶対、訓練士さんと 私たち飼い主の相性ってあると思いますから、自分の意に沿わないワンコに訓練されたら 困りますものね。

2006/06/25 07:43
私も海・陸・華の母であると思っています。
口がきけない分、実子より過保護になったりしています。
母や友達にはよく、「幸せなワンコたちだね〜」って言われますが共に生きると決めたからには躾も含めて自分なりの出来る範囲で育てて行こうと心がけてはいます。
パパさん、ママさんの深い愛はいつもさりげなく感じ取れます。
今の大ちゃんを見ていると、過去が嘘のように思いますね。
これも訓練を始め日頃の接し方や両親の気持ちがキチンと伝わっているからですね。
PS:パパさんの私見は私は好きですし、同じワンコ親として非常に参考になりますよ★
ママリンkei
2006/06/26 15:41
大ちゃんパパさん、このしつけのお話が、とっても心にしみました。私も、ポッピーのしつけに悩み、育児ノイローゼ状態でした。しつけのアドバイスをしてくれる方がいて、そのアドバイス通りにやってみてもうまくいかず、私の言うことをほとんど聞かず、散歩の時は引っ張るし、跳び付くし、かみつくし、興奮すると制止が効かないし……。このままでは、このこの子をとかわいいって思えなくなっちゃうんじゃないかってところまで危機感を持ちました。結局、私が間違った対応をしていたからで、ポッピーが悪い訳じゃないって、ようやく最近思えるようになってきた。対応やしつけの方法を変えてみて、少しずつ良い方向に行くようになりました。まだまだ、超えなきゃならないハードルは多いけれど、だんだん私もポッピーも変わってきたのが、本当にうれしいです。
 
MAYUMI
2006/06/26 18:21
私もしつけに悩んだ一人です。ちょうど1年と少し前、MAYUMIさんと同じような状態でしたね。でも、いつの頃からか、ゆっくり行こうと思うように、思えるようになったのは少し御門との距離が近くなったからでしょうか。
なんて言っていますが、御門だってまだまだ問題児で克服しなければいけないことは山積みなんですけどね〜。
写真の大治郎くんは甘えんぼの最中ですね。御門はまだスチールホールドはできません。でも最近はお座りしている後ろからぎゅーってしても大丈夫なときも増えてきたんです。そのうちスチールホールドもできるようになるかな〜。
御門
2006/06/26 19:50
・・…スチールホールド?ホールドスチール?
わかんなくなってきた。おつむが弱いのがばれちゃいましたかね?
御門
2006/06/26 20:28
私も「私と生活を一緒にしていくうえで、最低限」と言うくらいしか、自分でしつけも出来てないので、えらそうな事はいえませんが・・・
本当に犬(固体)によっても違いますので、接し方も異なりますね。
大吉はしっかりと訓練された犬のような行動は取れませんが、私と一緒に生活する分には、よく出来た犬だと思います。(笑)

どういう風なわんこになって欲しいか、どこまで要求するかによるという訓練士さんのおっしゃることはごもっともだと思います。

見てると、たいてい問題あるのはわんちゃんじゃなくて、人間なんですよね。。。反省^^;
SHIOSHIO
2006/06/26 20:51
ママリンkeiさん>ママリンさんも 深い愛情を注いでいますね〜。ワンコにも子供達にも。自分なりの愛情が結局の所ジャストサイズですよね。頑張らない 高望みしない 肩の凝らない愛情が一番居心地良いのだな〜と思っています。ほんと、大治郎は昔、立派な問題児(犬)でした。今は夢のようです。”幸せなワンコ・・・”って言われるのは飼い主冥利につきますね。PS ありがとうございます。

MAYUMIさん>少しでも 参考になれば 嬉しいです。ワンコと付き合うにあたってアドバイスがひとつ。ワンコには感情を読みとる力があります。テレパシーとかじゃなく、本当に読み取る力です。その力で群れの感情が決まるのです。個人的感情より群れの感情を優先させる力です。だから、飼い主さんの感情も読み取ります。そこの所を理解して付き合ってください。嘘がつけないのはその所為です。

2006/06/26 23:03
御門ママさん>ホールドはどっちも正解ですよ、安心してください。大治郎も ホントは嫌だけどと 最初は我慢してます。でも、そのうち気持ち良くなってウトウト、で 離すと清々したって顔してます。やっぱり、我慢してるのかな? で、変な話ですが 訓練はゆっくりやるのが 正解だと思います。だって いろいろできるようになって 達成感を味わいながら 楽しめるから 長いほうが お得だと思います。

SHIOSHIOさん>そう、問題があるのは たいてい飼い主さんのほう。ワンコもそれに合わせて問題ありになっちゃう。気付いてから、焦っても どうやって良いのか解らないのが原状です。そこで、どうにかしようって思うのは とっても マシな飼い主だと思います。皆さん 努力なさっている。私みたいに ちゃんとした訓練士さんに付けば楽だと思うけど 如何なんでしょうかね。

2006/06/26 23:18
おっと、SHIOSHIOさん大吉さんは 一般的な基準でも とっても良い子だと思います。まだ直接会えませんが。そのうち ぜったい会いましょうね。リアル 大治郎にも 会ってくださいませね。白ワンコ同盟のページに オフ会のお知らせを 載せました。興味がおありでしたら ぜひとも書き込みをお願いします。

2006/06/26 23:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
躾とか訓練とか そういったこと。 ワンころコロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる