ワンころコロ

アクセスカウンタ

zoom RSS この小さき命 

<<   作成日時 : 2007/01/21 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

大治郎は 私達の 子供です。

小さな 小さな 子供です。

画像


この仔の こんな寝顔を 見ていると 本当に 幸せを感じます。

天の神様や こうして 大治郎と逢わせてくれた すべてのことに 感謝したい 気持ちになれます。

でも 私達は 肝に銘じて 知っています。

この 小さな命は 私達の 後から生まれて 

私達より 早くに 天に召される事を。

約束された 別れ

初めから 決まっている その時。

でも だからといって 私達は この仔を 愛する事を 恐れはしない

愛する対象を 見送るのを 恐れはしない

願わくば その別れは ずっと 先の事であって 欲しい

この幸せが ずっと続いて欲しい

でも その時は いつか来る

その日は 突然かも知れない 

ゆっくりと やって来るのかも知れない

私達は その日を恐れず 毎日を 楽しく過ごすのだ

日々は 限られているからこそ 貴重なのかも知れない

その毎日を 楽しく過ごすことは 私達の自由だ

私達は その自由を 目一杯 楽しもう

幸せを 目一杯 味わおう

私達の幸せな日々は 今 この時なのだ

それが 思い出になっても 楽しく思い出せるよう

日々を 楽しんで生きる

貴重なことを 教えてくれる

画像


この小さき命は 私達の 可愛い子供

私達より 後から生まれて

先に 天へと召されていく

私達の 宝

私達の 先生

私達の 子供

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
一緒にいて、愛がいっぱいになるほど、いつか失う日を思います。

いつかくる最期の日に、
“わが犬生に悔いなし!”じゃなくって、

“まだまだ足りない!
 もっとずっと一緒にいたいよ!”

って、そんな風に思ってくれたら・・・

別れは、とても寂しくて悲しいけれど、
わたしたちがワンコにそんな happy な日々を
与えてあげられていたってコトなんじゃないかなって思います。
akemi
2007/01/22 01:47
父さんの言葉、ひとつひとつが沁み入ります。
本当にそうですよね。世の中には不幸な出来事が多く、人間でも子供に先立たれてしまう親御さんもいますが、そういう場合でも良くも悪くも私は「寿命」なんだと思っています。使命を持ってこの世に生まれて、きっとその使命を果たして逝かれてしまったのだと。
ましてや、ワンコの寿命は決められている。一生懸命生きている彼ら、彼女らと目一杯つきあわなくてはいけませんよね。
〜って、感じ入っていたのに、最後の大治郎くんの姿を見て「プーッ」って吹き出してしまいましたよー。かわいいなぁ〜。愛すべき宝ですね。
キレ子のばぁちゃん
2007/01/22 11:33
あえて色々Blog友達に聞いたり、書いたり・・・
したことないんですが
私は実子がいてワンコも同じように育ててます。
あーパパさんと初めて電話で話したときに、初めて聞いてみました。
「やっぱり」って、変なリアクションですが思うんです。今の私のBlogのお友達は大半、実子のいない方が多いのかな?って。でもワンコ愛する気持ち、今の私のお友達はみんな同じだと思ってるし・・・
だから私も息子の話も書けてみんながコメントくれて。これは最高に嬉しいです^0−¥
訳解らない事書いてスミマセン^−^;
こんな素敵な日記のコメントに相応しくないかも?ですが私はとてもこの日記で★優しさ★頂きました。上手く言えませんが感動しています。
昨日陸は自然体で結ばれました。神様がキチント現れたのです。大ちゃんパパさん、ワンコも人も一線上で生きてますね。大ちゃん、パパさん、ママさんに何時か必ずお会いしたいです。
愛する家族&大切なフレンド(*^-^*)
ママリンkei
2007/01/22 20:00
そうですよね〜。いつか先に旅立っていってしまうのですよね〜。
日々、いろんなものをもらっているのに、何か返せているのかな〜なんて思ってしまいます。最後をきちんと見送ってやることが、私にできるたったひとつの恩返しなんじゃないかな〜って。
御門はきっとそんなこと、お構いなしだと思いますけど。
1枚目の写真、御門もそんな風に足をまとめて(!?)寝ます。もっと足を伸ばせばいいのに〜って思っていましたけど、大治郎くんもするってことは、わんこは結構、この格好でゆったり寝られているのかも?
御門
2007/01/22 22:08
akemiさん>いつか来る日は いつか来ますね。
でも その日がきても 堂々と立ち向かえる 自分でありたい。
一緒に過ごせた日々に 胸を張りたい・・と 思っています。
Happyな日々を 与えてあげる ということは 同時に Happyな日々をもらえるという事ですよね。
ワンコとの Happyな日々を 共に楽しみましょう。

キレ子のばぁちゃんさん>ハイ!!愛すべき宝です。
私は大治郎が 笑っている顔が一番好きです。ですから こういう写真が大好きなんです。そして 大治郎を笑わせられる 自分が好きなんです。
大治郎は 子犬の頃から ちゃんと笑える仔でした。でも いろいろあって 笑う顔を しなくなり 荒んでしまいました。でも 訓練を通じて 大治郎の気持ちがつながれる様になって だんだんと 笑い顔が戻ってきました。
今は よく 笑ってくれます。
大治郎は 私達の魂を救いに来てくれたのだと 思っています。
私達は 大治郎に お礼を兼ねて 沢山の楽しい思い出を 持たせるつもりで過ごしています。使命を果たして、寿命がつきる、その日のために。

2007/01/22 22:32
ママリンkeiさん>陸くん 頑張ったね、おめでとう〜。やっぱり 来るべき時には 来るものなんですね〜。天の神様も やっぱり 狙いはママリンさんと 同じと思われますよな〜。フフフ 今から楽しみです。
いつか 大治郎に 会いに着てくださいませ。私たちも 楽しみに待っています。

御門ママさん>御門くんは きっと 今でも充分に 幸せだと思うな〜。本当に 育ちの良さが 感じられますもの。充分に愛されて すくすくと 素直に育ってるな〜って 思っています。
大治郎は この格好で 大地を駆け巡ってる夢を見たりしているみたいですよ。足をピクピク動かして 楽しそうに寝言で 吠えたりしてますもの。凄い格好で しっかり熟睡してますね〜。
じつは 夜中に様子を見に行ったりすると 信じられない格好で 熟睡してるのを目撃したりします。昼間より 凄い格好です。

2007/01/22 23:26
人間の場合、親よりも先に逝くということは
一番の親不孝だといいます。
でも、犬の場合(動物の場合)は親が(飼い主)
見送らないといけませんよね。
心配で残して逝くことは絶対にできないですものね。
子供(愛犬)を見送ることは想像もつかない程
辛いこと。人間なら親不孝と言わせるほど
親には辛く深い悲しみです。
考えるだけで暗い気持ちになります。
だから、できるだけ必ずやってくるその日の事は
考えないで明るく過ごそうと思います。
京っぺ
2007/01/24 23:06
京っぺさん>私たちは 大治郎が我が家にやってきて 一週間目に 大治郎を失うかもしれないっていう立場に立たされました。その時 私達は 大治郎をどんなにに愛しているのか 失ってしまうことへの恐怖 命の大切さ 様々な事を 思い知らされました。
ですから 何となくですけど 大治郎が何時か歳をとり 天に召されるってことは 何となくですけど 受け入れています。
本当に 人は親より先に逝ってはいけませんよね。ワンコはやっぱり飼い主が送ってやらないとって 思います。でも ワンコってやっぱり自然界の生き物っていうのか 死と言うものを もっと 穏やかに受け止めているように私には思えます。その姿勢は 見習うべきだろうと 思っています。
私は あの世も信じています。ですから 私たちが死んだ後 あの世の何処かの広い草原で 再び大治郎と(ノーリードで)思いっきり遊ぶのが 密かな楽しみです。 

2007/01/25 00:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
この小さき命  ワンころコロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる