ワンころコロ

アクセスカウンタ

zoom RSS なんちゃって 闘病記・・・・太郎君始末記

<<   作成日時 : 2007/11/01 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

私 手術をうけて 入院していました。

画像
 

入院する前の 私の不安な思いを察してか 大治郎も不安そうな顔

だって 手術する前は どういう結果になるか わからなかったので 不安がいっぱいでした。

行ってくるよ ・・・ 今度は 何時会えるのかね?

手術前の私

画像
 

そして お世話になる 病院のベット

画像


付き添ってくれている ダイ母

画像


不安に 耐えて 家で待つ 大治郎

画像


本当に 終わるまでは 心配でした。




でもね 結論から 言っちゃうと



たいした事は 有りませんでした・・・・・

ホント!! 現代医学の進歩って たいしたもんだわ!!!

だって 痛み止めの所為か 先生の腕が良いのか 全然痛くなかったのですもの!!

で・・・

次の日 大治郎とは再会してしまいました〜!

もちろん 病院の外でね

その次の日には ほんの少しでしたけど 散歩も しちゃいました!!

画像


喜びの大治郎

でもって ついつい 喜びの ガブガブ

画像


だって 嬉しかったんだものね〜

画像


そいでもって 病院の近くのコンビニによって 牛乳を 買ってもらいましたとさ

画像


いや〜 運動の後の 牛乳は最高だね!!

画像


こんな入院?の日々が 毎日続きました。

会ってる時間は 楽しくても 別れる時は 寂しいものです。

画像


大治郎も 帰り道は 寂しそうでした。

でも、10日の入院予定より 1日早く 先生の許可が下りました。

おかげで 晴れて 皆一緒に 帰れます。

画像


大治郎も 嬉しさで 弾けちゃっています。

画像


お父さんの顔に ベロベロ攻撃 しちゃいます!!

さあ!! みんなで 帰ろう!!

    


今日から みんなで 一緒に 安心して 暮らせるね!

大治郎 お留守番 ご苦労様

安心して ぐっすり 寝れますね〜

画像



追記・・・表題にある 「太郎くん」は 私の父が命名した 私の「痔ろう」のことです。
我が家の 大治郎の前から 私の中に30年もいたので 太郎と 命名されました。
太郎君は 無事 私とお別れして 一足早く あちらの世界に 旅だって行きました。
・・・合掌

6センチくらいの しっかりした 姿だったそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
大治郎くんのお父さん、手術お疲れ様でした(^^)
1枚目のお見送りする大治郎くん、まるで仔犬のようですね(><)
そして、再会したときのうれしそうな顔!
笑顔が弾けてますねv

パパさん、本当にお疲れ様でした(^^)
akemi
2007/11/18 00:24
太郎君、30年も連れ添ったのに、お別れはあっという間だったのですね(笑)
大治郎くん、パパさん帰ってきてよかったね〜。これで、毎日みんな一緒だね。私は眼科と歯科ぐらいにしかお世話になったことがないのでわかりませんが、やっぱり術後に痛くないというのは、患者にとってありがたいことなのでしょうね。
御門
2007/11/19 19:02
お帰りなさ〜い。医学の進歩で思ったより軽かった、とはいえ、安心せずに養生してくださいねー。だって、10年ぐらい前に手術した私のお友達はとーっても大変で精神的にもすごいダメージ受けてましたから。。。
大治郎くん、満面の笑み!天真爛漫になってとーっても可愛いね♪
そうなると、一番心配して苦労されたのはダイ母さんですね。奥様孝行せねば、ですね。
キレ子のばぁちゃん
2007/11/19 21:13
パパさん、ずーっと、心配してましたよ。もちろん大ちゃんのことも。本当に良かったですね。ほっとしました。また、ブログ更新して下さいね。ずっと、さみしかったですう。大治郎君の嬉しそうなお顔に癒されましたー!
源五郎ママ
2007/11/19 23:27
太郎君と無事お別れできてまずはめでたしめでたし。 
大治郎くん お留守番ご苦労様。 お父さんが帰ってきてほんとに嬉しそうですね。 日常の生活が普通に送れるって本当はありがたいことなんですよね。
ダイ母さんもお疲れ様でした!
花とわんこ
2007/11/28 15:49
akemiさん>帰ってきました〜。大治郎は まだ私の尻の傷口を嗅ぐ時、心配顔しますが、明るい表情に なって来ました。でも まだ心配で 家の中では私の側を離れません。

御門ママさん>30年のお別れは たったの30分ですんじゃいました。私は部分麻酔なのに 眠っちゃったので お別れも出来ず終いでした〜惜しくは無かったですけどねぇ。痛くないのは 凄くアリガタイ事なんですよ〜(場所的にね)

2007/12/02 19:04
キレ子のばぁちゃんさん>病院によっては 今年の6月に手術した方でも 酷かったみたいですよ。私は最新設備の病院で助かりました〜。やっぱり 掛かる医院は選ばないといけませんねぇ〜
奥さん孝行は これからもボチボチやっていきますね〜こんど 一泊してきます。すこしは 楽させないといけませんものね〜

源五郎ママさん>ブログ更新します。だいぶ 貯めちゃったので 少し日にちをいじらせてもらいますけど・・・
大治郎の笑顔には 私達も 癒されています〜

花とわんこさん>平凡な日常に 大大大感謝で御座います。普通に一緒に暮らせるってことが こんなにも有り難い事とは しみじみ感じております。
みんなさま ありがとうございました〜

2007/12/02 19:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんちゃって 闘病記・・・・太郎君始末記 ワンころコロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる