ワンころコロ

アクセスカウンタ

zoom RSS 訃報

<<   作成日時 : 2008/10/27 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

朝の散歩中、子犬を抱いて歩いている飼い主さんに会った。

タンタンのお母さんだった。

急性の悪性リンパ腫で 急にタンタンが この世を去ってしまったと おしえてくれた

この仔は 知り合いの人が 世話してくれたそうだ

まだ 散歩は出来ないから こうやって 抱いて外の空気に触れさせているって 話してくれた

タンタンのお母さんは、真っ赤な目を していた

私の目からも 涙が出てきた

そうだね 大治郎も子犬のときの最初の散歩は 家の目の前だけだったよと 普通に話しているのに 何故だか 涙がでていた

タンタンは とっても 人懐こいワンコだった

人間もワンコも大好きなワンコだった

でも 嬉しすぎて ついつい飛び掛っちゃうから お友達は 大治郎だけだったみたい

大治郎も 飛び掛られるのが嫌いだから すぐ近くを尻尾を振りながら行過ぎる 短いご挨拶だったけど

タンタンは とっても嬉しそうだった

時々 タンタンの小屋にも お邪魔しに行ったっけ

タンタンは何時も大喜びで お迎えしてくれた

画像


大治郎より 私のほうが 歓迎されてたかな?

でも タンタンの小屋の側で よく 大治郎と遊んでいたよね

とっても 可愛い 

可愛い ワンコだった

画像


足が4本とも 白いソックスを 履いているみたいだったから タンタン

大治郎より 少しだけ 年上だったのかな?

タンタン 君の次の子も 大治郎と仲良くやれるかな?

今日は ちょっとだけ 挨拶が出来たよ

眺めの良いその場所から その子の成長を見守ってあげてね

可愛いタンタン 私は大好きだったよ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
タンタンのお母さん、どんなにお辛かったことでしょう。愛するワンコを亡くされたお気持ち、ワンコを愛する人になら判りますよ。私も今でも亡くした2匹の犬のことを忘れたことはありません。毎晩お祈りをしています。タンタン、どうかあの世で幸せに暮らせますように。でもパパさんって、本当に優しい方なんですね。
源五郎ママ
2008/10/27 21:56
ニンゲンの病気ももちろんそうだけど、わんこの不治の病もいつかなくなってしまえばいいのに。。。切実にそう思います。
タンタンくん、ご家族と新入り君、そしてオトモダチのダイちゃんも見守ってあげてね。
ダイちゃんと仔犬くんがステキなお友達になれますように・・・
akemi
2008/10/27 23:18
ご近所のお友達がいなくなるのは寂しいですね。
ワンコのほうが先に旅立つのは頭では理解できていても、やっぱり心はついていきにくいものですよね。
きっとタンタンくんが大治郎くんとパピーちゃんの仲を取り持ってくれますよ。
御門
2008/10/29 09:31
源五郎ママさん>ママさん本当に悲しそうでした。でも タンタンはとっても愛されていたから きっと 彼なりに満足できた一生だったとおもっています。私のタンタンの思い出は全部楽しい姿だけなので それが私の救いです。

akemiさん>その後 子犬ちゃんとは会ってはいませんが 最初の出会いはまずまずだったんじゃないかって思ってます。仲良くなれて お散歩で ご挨拶できる仲になれたら 嬉しいですよね。

御門ママさん>本当に最初から覚悟をしているとはいえ 別れは辛くて悲しいものですよね。私達も大治郎がって思ってしまうと 本当に胸が詰まっちゃいます。パピーと大治郎が 仲良くなれたら タンタンのおかげですよね。

2008/11/02 21:22
タンタンくん。
うちのご近所でも今年になって亡くなられた顔見知りのワンちゃん達がいましたが、皆天寿を全うしたお年寄りでした。歩行が困難になってきても一生懸命散歩する姿をいつも目にしていました。
でも、若いうちに亡くなってしまうのは本当に辛いものですね。ママさん、子犬ちゃんにタンタンくんへの愛情も一緒に注がれているのでしょうね。
タンタンくんのあどけない表情には心打たれます。。。
キレ子のばぁちゃん
2008/11/07 12:34
タンタンくん なんてかわいらしい名前なんでしょう。
たくさん愛されていたのですね。それだけに悲しみも深いと思います。レオンもシェリーのようにいつかは私の前からいなくなってしまうのですよね。わんこを愛した瞬間からこの課題はついて回るものなのですね。
花わん
2008/11/08 22:29
キレ子のばぁちゃんさん>若くして逝かれてしまった飼い主さん達は本当にがっかりして可哀相に思えますよね。年老いてから逝くった飼い主さんも悲しそうですけどね。タンタンのママさんが子犬をギュッと抱きしめながら歩く姿には やっぱりタンタンの姿がダブって見えちゃいました。

花とわんこさん>そうですよね。これは避けては通れない宿命ですよね。ましてや ワンコを残して先にこっちが逝ってはいけませんものね。だから いつも大治郎には感謝しながら お散歩してます。一緒の時間を過ごしてくれてありがとうって。

2008/11/09 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
訃報 ワンころコロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる